鹿児島県内で交通便利な老人ホームを探すには?

鹿児島県は九州の南部にあり、気候はかなり温暖で住みやすいエリアです。ただし霧島山を中心とする山間部は、冬になるとかなり寒くなるため「鹿児島は温かいから雪なんか降らない」と思ったら大間違い。鹿児島市内でも雪が降るため、冬期には降雪に注意が必要です。このブログでは鹿児島県の公共交通機関について調査しています。

 

鹿児島県発祥の南国しろくまは九州でも有名

鹿児島県は大隅半島と薩摩半島の二つの大きな半島と、鹿児島湾という大きな湾をもつ個性的な県です。九州でも南に位置しているため、夏場の暑さは強烈で海水浴で海岸はにぎわい、プールも大盛況。

 

鹿児島県名物に「氷白熊」と呼ばれるかき氷があります。鹿児島の名物でかき氷にかなり甘い練乳がかかり、そのうえにみかんやパイナップルなどが乗ったもの。

 

ちなみに大分では「南国しろくま」というアイスクリームが販売されています。かなりポピュラーで、どんなコンビニやドラッグストアでもかならず目にするヒット商品です。

 

練乳味のかき氷にフルーツが混ざり、バー状になったものやカップに入ったもの、大箱入り、プレミア商品など種類はさまざま。鹿児島県が発祥なのです。独自文化が花開く鹿児島県には

 

鹿児島県の公共交通機関はさまざま

かなり県の面積が広い鹿児島県。全県に多くの鉄道網が張り巡らされています。主だったものだけでもJR九州新幹線、JR肥薩線、JR日豊本線、JR日南線、JR鹿児島本線、JR指宿枕崎線、JR吉都線など。鹿児島県は九州の南端にあるため、福岡~大分~宮崎~鹿児島を結ぶ路線、また福岡~熊本~鹿児島を結ぶ線、さらに九州新幹線、指宿と枕崎をつなぐ路線、宮崎の山間部と鹿児島を結ぶ路線など、広い県土に多くの路線があります。

鹿児島市内には鹿児島市交通局の市電も展開されていますし、バスもあります。タクシーを呼べばタクシーでも移動が可能なので、とくに鹿児島市内は公共交通機関が発達し住みやすくなっています。

 

駅に近い老人ホームはどこ?

鹿児島県の老人ホームに入居を検討しているなら、駅にできるだけ近い介護施設の方が便利ですね。電車を使って移動できるといろいろなメリットがあります。

 

駅には(規模にもよりますが)ATMやコンビニ、ドラッグストアなどの買い物スポットがあります。郵便局が設置されている駅も。駅中で買い物ができるととても便利です。

駅に近い老人ホームを探したいなら、リンク先のみんなの介護というサイトを使うと便利です。路線別に近い老人ホームが一発で検索できるので手間いらず。鹿児島市電1系統の「鹿児島駅」を選択すると、110か所もの老人ホーム情報が見つかります。

 

あとは「認知症対応可」や「夜間有人」など細かい部分を指定すれば、条件に合う鹿児島市内の老人ホームがわかるので便利です。

 

まとめ

鹿児島県内は公共交通機関が発達したエリア。バスや市電、JRの路線、九州新幹線、私鉄など目的にあわせて利用できるところが魅力です。

 

できるだけ駅に近い老人ホームを選びたいなら、ネット検索がおすすめ。検索に時間がかからず手間いらずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です